歯を失った方へmissing_teeth

歯を失った方へ

まずは原因を知りましょう

まずは原因を知りましょう

歯を補う治療の前に、まずは「なぜ歯を失ったのか」を明らかにすることが大切です。

歯周病、むし歯や破折など様々な原因がありますが、診査・診断をしっかり行うことで原因を解明することが、適した治療法や今後の再発予防につながります。

歯を失ったらすぐに治療を

歯が抜けた部分をそのままにしていませんか?放っておくと、隣の歯が倒れたり、噛み合わせが悪化したりして、他の歯にも悪影響を及ぼす恐れがあります。歯を失ったらインプラントや入れ歯、ブリッジで補いましょう。

適した治療方法の選び方

治療方法 メリット デメリット
インプラント 天然の歯のようにしっかり噛める。審美性が高い。周囲の歯の健康を損ねない。様々な症状に対応できる。 外科手術が必要。持病によっては手術ができない場合がある。インプラント周囲炎やインプラント脱落のリスクがある。
入れ歯 取り外して清掃できる。予算や希望に応じて床の材料を選べる。 噛む力はインプラントやブリッジより劣る。材料によっては審美性が低い。
ブリッジ 天然歯に近い感覚で噛める。審美性が高い。固定式のため装着中の違和感が少ない。 両側の歯を削る必要がある。欠損歯が多い場合は使用できない。歯肉との間に食べ物が挟まりやすい。

失った歯の治療方法を選ぶ際は、一般的なメリット・デメリットだけでなく、一人ひとりのお口の状況も考慮する必要があります。当院では、まずは患者様のご希望をお聞きします。そのうえで歯を失った背景を改善できるのかを検討し、どの治療方法が合っているかをご提案しています。

インプラント

インプラント

当院のインプラント治療

安全な治療を徹底

顎の骨の状態や神経などの位置を立体的に把握できる「歯科用CT」を導入しています。
また、使用する器具は「クラスB滅菌器」で処理するなど、安全な治療の実施を徹底しています。

骨造成や歯肉の移植に対応

骨の厚みが足りない場合や、歯周病で歯周組織がダメージを受けている場合は、骨造成(骨を増やす方法)や歯肉移植の手術を併用することでインプラント治療が可能になります。当院はこれらの治療に対応しています。

静脈内鎮静法に対応

治療が怖い方、口に器具が入るとえずいてしまう方は、自由診療の麻酔(静脈内鎮静法)をご利用いただけます。

>>静脈内鎮静法についてはこちら

入れ歯

当院の入れ歯治療

顎の動きを考慮した入れ歯
顎の動きを考慮した入れ歯

快適な噛み心地の入れ歯をご提供するために、上下の顎の位置関係を正確に記録し、咬合器で顎の動きを再現したうえで作成しています。

ブリッジ

当院のブリッジ治療

将来まで健康が続く材料を選定
将来まで健康が続く材料を選定

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を土台にして、橋をかけるように人工歯を装着する治療です。注意したいのは、土台の歯を削らなくてはならない点です。歯を削る量は選ぶ材料によって異なり、欠損歯や土台の歯の位置、残存歯の状況にも左右されます。当院ではお口全体の状況を考慮して、可能な限り長持ちする治療方法をご提案しています。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、京成大久保にあるメープルデンタルクリニック大久保まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

pagetop