根管治療root_canal

根管治療とは

根管治療とは

「歯の神経」とは、通常は歯髄(神経や血管など)を指して使われる言葉で、歯髄が通っている管のことは「根管」といいます。

重度のむし歯や歯周病、外傷などで歯髄が炎症や感染を起こした場合、放っておくと「何もしていないのに歯がズキズキ痛む」「冷たいものや温かいものの飲食時に激しい痛みを感じる」といったつらい症状が出ます。また、最悪の場合は歯を失ってしまいます。

このような症状を予防・改善できるのが「根管治療」です。根管治療では、歯髄を取り除いた根管内を丁寧に掃除し、徹底的に殺菌・消毒した後に充填剤を詰めます。

当院の根管治療

当院の根管治療

ラバーダムを標準仕様

ラバーダムとは、治療する部位だけを露出させるためにお口全体に被せる薄いゴムのシートのことです。ラバーダムを装着すると、口腔内に存在する無数の細菌を遮って患部の感染を予防し、治療の成功率を高めることができます。当院の根管治療では、すべての患者様にラバーダムを標準使用しております。

マイクロスコープ(顕微鏡)を使用

当院の根管治療にはマイクロスコープを使用しております。マイクロスコープを使うと、肉眼では見えない根管が拡大されて細部まで可視化できるようになり、治療の精度が向上します。

歯の大きさは大臼歯(奥歯)でも幅1cm程度しかありません。さらにその中に3~4本の根管が存在するため、根管内の清掃には非常に繊細な作業が要求されます。また、根管の形状も一人ひとり異なります。

歯根端切除術に対応

歯根端切除術とは、歯根嚢胞で膿が溜まった場合や、根管が曲がっていて根管治療ができない場合でも歯を保存できる治療法です。歯茎を切開して膿の袋を取り除き、歯根の先端を切除し、周辺の病巣もまとめて除去します。当院は歯根端切除術に対応しておりますので、根管治療が難航している方はぜひご相談ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、京成大久保にあるメープルデンタルクリニック大久保まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

pagetop